HOME>オススメ情報>建築シートは広告として使う事で会社の大きな宣伝になる!

建築シートは広告として使う事で会社の大きな宣伝になる!

工具

建築シートとは?

建築シートとは、新築中の家などに掛けられている垂れ幕のことで、主に広告として使われるものです。様々な工事現場で見ることが出来ます。建築シートの役割というのは、建築現場の落下物などを周辺に散らさない為でした。しかし、現在の建築シートは、自分の会社のオリジナルデザインやロゴで目立つ工夫をしていたり、面白いキャッチフレーズを用意したり、会社の宣伝効果をあげる役割も兼ね備えています。目立つ場所に広告を出すよりもコストが抑えられる上、一定期間はずっと掲げることができます。建築現場には必要なものとなっていると言えるでしょう。

建築シートの集客力を上げるコツとは

作業員

背景画像などのレイアウトにこだわる

建築シートは、一般的なサイズでもかなり大きいものになりますので、より目立つ広告になります。ですので、文字だけ書くのも十分な宣伝になりますが、背景を目立つ色にしたり、写真を利用したほうがより仕上がりも良くなります。リフォームの建築現場だと、部屋をイメージした写真を背景とした建築シートを作るのも良いでしょう。

文字に気を配る

キャッチコピーなどを告知するなら、縦に長い垂れ幕タイプの建築シートを用意するのが良いでしょう。目立つ事もそうですが、垂れ幕タイプは、使い回す際にも便利なのでおすすめです。ごちゃごちゃとしていると分かりづらいですので、見た時に分かりやすいよう文字の行数は一行か二行に留め、文字は大きくしたほうが良いでしょう。それでも詰まって見えるようであれば、書体を変更してみるのもいいです。

会社名を入れるとより安心感が出る

建築シートは、劣化もしますので消耗品となります。しかし、そういった消耗品に社名がちゃんと入っているという事は、経営がしっかりしているといった安心感を与える事が出来ます。キャッチコピーなどにこだわるのもいいですが、宣伝としても使用するなら、社名もきちんと見えるようにするのが良いです。